高性能だが特徴もある!中古のレンジローバー

レンジローバーを買う時に重要になるポイント

海外の有名人も乗っているレンジローバーは、高級SUVとして人気があります。ただ非常に値段が高い車なので新車で購入すると負担が大きく、簡単には手に入れられない場合が多いです。レンジローバーを手頃な料金で買いたい場合は、中古の商品を選ぶ方法があります。新車に比べて半値程度で購入できるケースもあるため、中古車なら少ない負担で手に入れられます。ただこの車には複数の種類が存在するので、それぞれの違いを理解しなければいけません。作られた時期によって機能などに違いがあるため、詳しく調べてから購入する必要があります。

レンジローバーは1970年ころに作られて、高性能な車として評価されていました。初代のレンジローバーはそれから26年間販売されていて、1996年まで新車として売っていました。その後二代目の車が1995年に作られ初代に比べて馬力が増して、高性能な車として多く販売されました。初代と二代目の車は長く売られたため、現在でも中古車として販売されている場合があります。どちらも馬力は優れているのですがサスペンションに問題があって、長く乗っていると壊れるケースが存在します。三代目以降の車はサスペンションの問題は改善しているので、安心してレンジローバーに乗りたい場合は初代と二代目の車は避けるべきです。

海外の中古車を問題なく利用する方法

高級SUVであるレンジローバーを利用する場合は、どの程度負担になるか調べなければいけません。馬力のあるこの車は燃費があまり良くないので、日常的に使っているとガソリン代の負担が大きくなります。排気量も大きな車なので自動車税の費用もかかりやすく、そのような点について十分に確認する必要があります。レンジローバーは野外でも安心して乗れる車で、悪路でも問題なく運転できるので評価されています。キャンプなどをする時には便利な車ですが、日常的な買い物をするのにはあまり向いていない所があります。

中古車としてレンジローバーを買う時に気をつけたのは、日本では取り扱っているお店が少ない点です。国内には高級SUVを重視している所が少なく、修理を依頼できるお店を探すのは手間がかかります。運転中の事故などでレンジローバーが壊れた場合は、修理用の部品を海外から取り寄せなければいけない場合もあります。安心してこの車を利用したい場合は、買った後のメンテナンスについて考えなければいけません。お店を利用して中古のレンジローバーを買う場合は、修理などを頼めるか確認してから購入する必要があります。

レンジローバーとはイギリスのランドローバーが生産している高級4WD車で、初代レンジローバーがイギリス王室に愛用されていたことから、レンジローバーの中古車はカーマニアにとても人気があります。