騒音問題はご近所トラブルの火種になりがち

集合住宅内に住んでいる場合、様々な事がご近所トラブルの火種になり得ますが、その中でも日常的に続く騒音問題は昔から一番ご近所トラブルに発展しがちなところがあります。そのため、集合住宅に住む際はオーディオ機器の設置・利用に関して、十分すぎるほど気を遣う必要があります。

集合住宅では防音対策が重要

集合住宅でオーディオ機器を使用して音楽を聴いたり、5.1chオーディオ機器を使用して映画や音楽ライブ映像を鑑賞する場合、大音量で使用すると周囲の人にとって相当な迷惑になる可能性があります。そのため、どうしてもある程度大きな音で音楽や映像を楽しみたい場合は、併せて防音・遮音グッズの購入も大事になります。具体的にはまず隣に音が聴こえないように壁にたてかける「防音(遮音)パネル」の利用がおすすめです。ただし、実際の効果のほどを口コミでチェックすることも重要です。その他、下の部屋に音が響かないようにするためにはオーディオ機器の下に高機能な防音マットを敷くのも効果的です。

防音対策していても深夜などは音に注意

多額のお金をかけて様々な防音・遮音対策をしていても、音漏れを完全に防げているとは限りません。そして深夜など、人が通常寝ている間においては、ほんの少しの音漏れさえも周囲の人にとっては睡眠の大きな妨げになりうるため、そういった時間帯においては音楽や映像はヘッドホンを使って楽しむ必要があります。

防音物件に住むのも手

ネットで賃貸物件検索すると、家賃高めながら実は防音対策がしっかりした楽器対応物件が結構多数あります。そのため、何も音漏れ問題や近所トラブルを気にせずに、毎日、音楽や映像鑑賞を目一杯楽しみたい場合は、思い切ってミュージシャンなどを主な対象にした防音物件に住むのもおすすめです。

オーディオの買取は持ち込みが大変なものですが、業者によっては出張買取もしているので不要になったら利用しましょう。