新千歳空港から約75分・札幌から30分で着く小樽の魅力

新千歳空港から小樽までは、直通快速電車あり

小樽市とは、札幌の西隣に位置する人口約12万人の都市です。そして、新千歳空港からは「JR快速エアポート」の小樽行きに乗って約75分で着きます。そのため、もともとは空港から札幌までしか行く予定はなくて泊まる場所も札幌だったとしても、当日に予定変更して小樽まで来ても大きなタイムロスはありません。そのため、北海道旅行で行く場所として大変おすすめです。なお、空港から小樽まで直接来たとしても、小樽から札幌までは快速でわずか30分です。

小樽の魅力:日本一美味しいともいわれる寿司の街

北海道の魚介類は、冷たい海で育つ関係で体内に脂肪分を蓄えなければならないと様々な要因により、全国で一番魚介類が美味しい地域として知られます。そして、小樽と言えば「寿司の街」として有名で、函館などと並んで日本一美味しい寿司が食べられると評判で、高級店から回転寿司店まで沢山の寿司店があります。

小樽の魅力:小樽運河

寿司の街であるとの同様に小樽のグルメ以外での代名詞と言っているのが小樽運河です。この運河は岸から近くで運河を見られるだけではなく運河クルーズ船も用意されています。また、昼・夕方・夜で雰囲気が違い、夜のライトアップされた運河は大変ロマンチックでお勧めです。

小樽の魅力:レトロな商店街

小樽は全体的にレトロな雰囲気のある街ですが、その中でも小樽運河付近にある「境町通り商店街」は特にレトロな街並みが広がる魅力的な商店街となっています。道の左右両側にはレトロな雰囲気のお店が建ち並び、大正時代あたりにタイムスリップした気分になれると話題です。なお、この商店街には多数の寿司屋がありますので、小樽運河を見てから商店街にやってきて、このエリアで寿司を食べるのが一番おすすめです。

北海道の旅行の魅力のひとつはおいしい食材です。海の幸はもちろん広大な大地で栽培された野菜もおいしく、さまざまな料理を楽しめます。